血管年齢を正常にする

血管年齢を正常にする

血管年齢を正常にしよう!

そう言われても、別に何も健康に害が出てるわけじゃないし自覚がないと言う方が多いと思います。血管の状態なんて目に見えないし、血管年齢が高いという自覚症状はほぼないので、放置されがちになってしまいます。

しかし、血管年齢が高い=動脈硬化が進んでいるということです。動脈硬化を放置すると、脳梗塞・心筋梗塞など重大疾患を発症する恐れがあります。健康だけではなく、美容にも影響が出てきます。血液で酸素と栄養分を全身に送り込んでいるので、血管年齢が高く硬い血管ですと、血液が良く体を巡らなくなり、内蔵機能が低下して老いが進み、しみやしわなどの原因となります。

血管年齢を正常にする=健康・美容のためになるのです。

実年齢が若くても、血管年齢が高い人はいる

「若いから、血管年齢なんて気にしなくても大丈夫だよ。」

そう思われる方もいらっしゃるでしょうが、若い人でも血管年齢が高いという方は多いのです。

脂質の多いお肉料理や揚げ物料理、糖分たっぷりのケーキなどのスイーツ、塩分が多いラーメンや濃い味料理、お酒にタバコ。これらのものを好んで摂取していませんか?

更に食事時間が不規則だったり、外食・インスタントでの食事が多かったり、運動不足だったり・・・。心当たりがある方は、血管年齢が実年齢を大幅に上回っている可能性が高いです。

今こそ血管年齢を下げる時!

現在異常がないから大丈夫、若いから大丈夫。ではなく、異常がない今だからこそ、若い今だからこそ・・・血管年齢を正常にするように勤めていきましょう。



このページの先頭へ