血管年齢とコレステロール

コレステロールという言葉、あんまり良い印象はありませんよね。

このコレステロール、血管年齢が高いことにもかかわりがあります。コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、このうち悪玉コレステロールが血液中に増加しすぎ血管壁に張り付くことが、動脈硬化の進行を早め、血管年齢が高くなる原因となります。

コレステロールの役割

そもそも、コレステロールというものはどういった役割をするのでしょうか。

悪玉コレステロールは、脂質を体全体に運ぶ役割があります。脂質は、エネルギーや体の細胞膜・ホルモンや血液の材料になったり、ビタミン群の吸収を助けてくれたりします。悪などと名前に付いていますが、体にとって重要な役割を果たしてくれるのです。

そして、余分な悪玉コレステロールを運び出してくれる役割をしてくれるのが善玉コレステロールです。コレステロールは、人体にとってなくてはならない重要な役割を果たしてくれるものなのです。

しかし、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスが崩れ、悪玉コレステロールの割合が大幅に増加すると、先に述べたように血管年齢が上昇します。総コレステロール値が高いから「危ない」ではなく、総コレステロール値が低くても高くても、悪玉コレステロール値の割合が高いと、動脈硬化の危険が高いのです。

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす

動脈硬化の改善と血管年齢を下げる為には、悪玉コレステロール値を押さえ、善玉コレステロール値を上げることが重要になります。
どちらも、ビタミンCを採ることで改善できるとされています。

それ以外にも、悪玉コレステロール値、善玉コレステロール値を改善できる手段は数多くあります。改善に向け、色々な努力をしてみましょう。



このページの先頭へ