血管年齢とメタボリック

最近よく聞くようになった「メタボリック」という言葉。
敏感になっている方もいるのではないでしょうか。

メタボリックは、メタボリックシンドロームの略で主に肥満の人を指す言葉として使用されていますが、若干意味が違っています。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満・・・つまり、内臓まわりに脂肪が貯蓄されているタイプの肥満と高血糖・高血圧・高脂血症のいずれかが当てはまる人のことを言います。太ってないからメタボリックではない、太っているからメタボリックだと簡単には判断できないのです。

血管年齢を上げる原因は中性脂肪

メタボリックと血管年齢の関係も、前項で述べたとおり、中性脂肪にあります。余分な中性脂肪が皮下脂肪として体に蓄積して、悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させます。このため、悪玉コレステロールが血管壁に付着、動脈硬化を進行させ、血管年齢も上昇します。血管年齢が上昇すると、高血圧にも拍車がかかります。体内で、悪循環を繰り返してしまい、更に症状が悪化し、脳卒中や脳梗塞など命の危険がある重大疾患につながります。

つまり、メタボリックの人は他の人より重大疾患を発症しやすい、動脈硬化の状態の進行が進んでいる可能性が高いのです。

ご自分の体の健康を守るためにも血管年齢を下げるには、まずメタボリックの解消からはじめてください。脂質の多い食事を避ける、野菜中心の食生活をする、適度な運動を心がける、など簡単なことからはじめてください。



このページの先頭へ