食生活と血管年齢

あなたは、どのような食生活を送っていますか?

ファストフードが大好きでよく食べる。
食事を作るのが面倒で、コンビニ弁当や外食、インスタント食品ばかり。
ついつい、スナック菓子などでおなかを満たしてしまう。

体に良くないと思いつつそんな食生活を送っている方、いらっしゃるのではないでしょうか。
このような食生活は、血管年齢を上げてしまう食生活の代表例です。

血管年齢とコレステロールの項目で挙げましたが、悪玉コレステロールが増加すると血管壁に張り付き、血管壁を硬くし動脈硬化を起こし、血管年齢を上げる原因となっています。

血管年齢を上げる原因となる油がある

この悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らしてしまうというトランス脂肪酸というものがあります。このトランス脂肪酸は、ファストフードで代表的なフライドチキンやフライドポテトに多く含まれています。その他、パンやマーガリン、スナック菓子などにも多く含まれています。

更に、コンビニ弁当や外食、インスタント食品ばかりの食生活を送っていると、栄養バランスが悪くなり、中性脂肪が増え、悪玉コレステロールを増やす原因ともなります。

血管年齢を下げるには、まずこのような食生活の改善からはじめるようにしましょう。

血管年齢を下げる食生活

野菜中心のバランスの良い食事を摂る
油分・塩分・糖分は控えめにする
ファストフードや外食・コンビニ弁当・インスタント食品は避けるようにする
スナック菓子など間食は控えるようにする

食生活改善だけでも、血管年齢を下げるのには効果があります。

まず、食生活改善からゆっくりはじめてみてください。



このページの先頭へ