血管年齢の知識のコンテンツ

血管年齢を正常にする

血管年齢を正常にしよう!

そう言われても、別に何も健康に害が出てるわけじゃないし自覚がないと言う方が多いと思います。血管の状態なんて目に見えないし、血管年齢が高いという自覚症状はほぼないので、放置されがちになってしまいます。

血管年齢と動脈硬化

通常、健康な血管は弾力に富んでおり、血液を体中に巡らせています。血液は、栄養素や酸素を運んで体の健康維持を行ってくれているのです。

血管年齢とコレステロール

コレステロールという言葉、あんまり良い印象はありませんよね。

このコレステロール、血管年齢が高いことにもかかわりがあります。コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、このうち悪玉コレステロールが血液中に増加しすぎ血管壁に張り付くことが、動脈硬化の進行を早め、血管年齢が高くなる原因となります。

肥満と血管年齢

肥満の人がコレステロールと共に気になるのが、中性脂肪ですよね。

この中性脂肪、悪玉コレステロールと共に血管年齢を上昇させてしまう原因のひとつとなります。中性脂肪が多い肥満の人は血管年齢が高い可能性があります。中性脂肪とコレステロールには深い関係があり、中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールが減るというのです。そして、余分な悪玉コレステロールが血管壁に張り付き動脈硬化を進行、血管年齢を上げてしまいます。

血管年齢とメタボリック

最近よく聞くようになった「メタボリック」という言葉。
敏感になっている方もいるのではないでしょうか。

メタボリックは、メタボリックシンドロームの略で主に肥満の人を指す言葉として使用されていますが、若干意味が違っています。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満・・・つまり、内臓まわりに脂肪が貯蓄されているタイプの肥満と高血糖・高血圧・高脂血症のいずれかが当てはまる人のことを言います。

血圧と血管年齢

もちろん血管年齢と血圧も深い関係にあります。高血圧だと診断された場合、血管年齢が実年齢よりもかなり上回っていると思ったほうが良いでしょう。

食生活と血管年齢

あなたは、どのような食生活を送っていますか?

ファストフードが大好きでよく食べる。
食事を作るのが面倒で、コンビニ弁当や外食、インスタント食品ばかり。
ついつい、スナック菓子などでおなかを満たしてしまう。

血管年齢を検査で知る

自分の正確な血管年齢を知りたい。そういった場合、病院で血管年齢の検査を受ける必要があります。

血管年齢の検査は、主に頚動脈エコー検査と血圧脈波検査があります。エコー検査は、頚動脈の血管の流れはどうか、詰まってはいないかを超音波を当てて診断します。血圧脈波検査は、両腕両足の血圧を測り、心臓から両腕両足までの血流速度を測定します。

このページの先頭へ