油で血管年齢を下げる

油で血管年齢が下げれると聞くと、ウソだと思いますよね。ウソではないんです。血管年齢を下げる・維持する手伝いをしてくれる油が実在します。

通常、油というと、動脈硬化を促進し、血管年齢を上昇させてしまうものがほとんどです。たとえば、揚げ物や炒め物に使用するサラダ油。これは、リノール酸が多量に含まれています。このリノール酸は、体内でアラキドン酸という炎症性物質に変化するものになります。リノール酸を多量に摂取してしまうと、血管が炎症を起こして、動脈硬化を促進してしまいます。

そして、ファストフードなどのフライドポテト、フライドチキン、ドーナッツなどに含まれるトランス脂肪酸。これは、人口の化学物質で、賞味期限を延ばしたりするために使用されています。このトランス脂肪酸は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすと言われています。そのため善玉コレステロールにより回収しきれなかった不要な悪玉コレステロールが、血管に張り付き動脈硬化を促進してしまいます。

リノレン酸がたくさん含まれたアマニ油を摂ろう

このように、油というと本来は血管年齢を下げるためにはよくないものだと思いがちですが、血管年齢維持・下げるためによい成分をもった油が「アマニ油」です。このアマニ油にはαリノレン酸が多量に含まれて居ます。

αリノレン酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪などの蓄積を抑える働きがあり、更に脳の働きをよくする効果もあるようです。αリノレン酸は、アマニ油以外にもエゴマ油やシソ油などにも含まれて居ます。難点は酸化しやすく保存がきかないことと、熱に弱いので加熱料理にはむかないことです。

血管年齢を気にされている方は、ドレッシングなどを通常のサラダ油からアマニ油などに変えてみるのも良いかと思います。



このページの先頭へ