生活改善で血管年齢を下げる

生活改善で血管年齢を下げる

血管年齢を下げるには、まず生活改善が必要となります。その中でも特に、食生活が重要なポイントになります。

他の項目でも挙げましたが、まず食事内容を見直しましょう。ファストフードやコンビニ弁当、インスタント食品、外食、スナック菓子など中心の食事はNGです。次に、食事にかける時間。つまり噛む回数ですね。忙しいからと言って噛む回数が少ない早食いをしてはいけません。そして、食事の量。おなかいっぱい、苦しい。そんなになるまで食べてはいけません。

これらは、血管年齢を上げてしまう原因である悪玉コレステロールや中性脂肪の摂りすぎにつながります。食事の時間が短いことが何で摂りすぎにつながるのか?と不思議に思われるかもしれませんが、噛む回数が少ないと、満腹中枢への刺激が少ないうえに、満腹中枢への伝達は少し遅いので、量を多くとりすぎてしまうのです。

バランスの良い生活を送りましょう

血管年齢を下げるためには、バランスの良い野菜中心の食事を時間をかけ、良く噛み、腹八分目に抑えることが重要です。更に、前項目で述べたように適度な運動が必要です。少しずつでいいので、毎日、軽い運動を行うようにしましょう。そして、良く睡眠を取り、お酒やタバコなども控えるようにしましょう。

それに加え、血管年齢を下げるのに役立つビタミンCやアマニ油に含まれるαリノレン酸を積極的に摂取するようにして、血管年齢の改善を行っていきましょう。少しの生活改善で、血管年齢は改善に向かいます。まず、できることから少しずつはじめていきましょう。



このページの先頭へ