血管年齢を下げる習慣

血管年齢を上げやすい習慣というものがあります。一見、普通に生活しているようでも、血管に多大な負荷をかけて血管年齢を上昇させてしまっている可能性があるのです。

たとえば、「早食い」「大食い」「油物を好む」「ファストフードや外食などが多い」「野菜嫌い」「スナック菓子が大好き」「睡眠不足」「運動不足」「休肝日がない」「ヘビースモーカー」などなど・・・。このような不摂生な毎日を送っている方多いのではないでしょうか。

これら、全て血管年齢を上昇させる原因となります。血管年齢を下げるには、まずこれらの習慣をやめるようにしましょう。特に、早食い・大食いは血管年齢にとって大敵です。

ゆっくり食べる、そして、食べるものを選ぶなどの習慣を

ゆっくり良く噛んで腹八分目に抑える。これだけで血管年齢の上昇は抑えられます。早食い・大食いですと、どうしても必要量以上食べてしまいますので、血管年齢を上昇させる原因の中性脂肪を摂りすぎてしまったり、悪玉コレステロールが増える原因となります。

早食い・大食いを改善すると共に、食事内容にも気をつけましょう。ファストフードや外食・コンビニ弁当・インスタント食品は避け、野菜中心の食事を心がけるようにしましょう。アマニ油などのαリノレン酸を含む油をとるようにするなど心がけましょう。

そして、適度な運動、休肝日を設ける、タバコの量を減らすなどの習慣改善を行いましょう。血管年齢の上昇の放置は、動脈硬化の悪化、更には心筋梗塞や脳梗塞などへと発展する可能性があります。血管年齢を下げる努力を、自ら行っていくようにしましょう。



このページの先頭へ